第8回同窓会大会のご報告

 平成10年の再結成大会から数えて8回目となる今大会は、新宿のハイアットリージェンシー東京に会場を移して、同窓生並びに恩師先生方300名を集めての開催となりました。
 同窓会物故者への黙祷につづいて、第32期松本秀男幹事が過去2年間の同窓会事業報告を行い、平成22年度より母校文化祭に同窓会ブースとして出店している絵馬コーナーは、文化祭当日に行われる受験説明会に訪れる中学生とその保護者、大学受験を控えた在校生諸君が合格祈願を絵馬に託している姿が既に文化祭の風物詩の観を呈するほどの人気となり、今年も500人を超える絵馬祈願がなされ、これらは学業の神様として有名な菅原道真公を祀る湯島天神へと奉納されることが伝えられました。また、多角化する同窓会活動に対応するため、新たに第9期の西久保昌代さん、第23期の石川正人さん及び第24期の山本和弘さんが副会長に選任されたことが報告されました。
会長  続いて挨拶に立った第2期の小倉同窓会長は、皆さんの今大会への出席に対しての謝辞を述べるのに続いて、人生で最も多感な高校生の時期に國學院高校で日本文化の精神性ともいうべきものを学ばせていただいたことが、自らの礎となっていると母校への誇りを語り挨拶としました。
校長先生  次に、本年度から校長に就任された津田栄先生が来賓を代表して祝辞を述べられ、今後とも母校がさらなる発展を期するためには、同窓会がより一層の重要性を増してゆく旨の期待を寄せられました。
 お待ちかねの乾杯に移り、高校時代に演劇部員であった第18期の鳥原美智子さんの豊かな美声よる「乾杯っ!」が響き渡るやいなや、少し緊張気味であった会場が一気に和やいだ雰囲気となりました。
かる多  懇親の語らいが続く中に登壇されたのは、女性で初めて落語の真打ちとなられ現在落語協会で理事も務める第34期の三遊亭歌る多師匠(金井ひとみさん)で、軽妙洒脱なトークに添えたパンチの効いたカッポレにみんな大喜びで、会場を一層盛り上げていただきました。
 みなさんの血中アルコール濃度がほろ酔いを超えたのを見計らって「はやわかり國高史 ざっくり いにしえ 逆回転」のコーナーがはじまり、國學院高校60余年の映像が過去へと遡って映し出されると、そこかしこの一団から歓声が上がり、それぞれの世代にフィットする写真を見つけてもらい感激しましたとのコメントも聞かれました。
松山先生  しかもこの企画には仕掛けがあって、松山國治先生と荒川御幸先生がステージセンターへ揃って登場いただくという、まるで朝の登校時を彷彿とさせるような光景が此処に出現。もし國高マニアなる者がいるとしたなら垂涎のシーンと言えるご両人によるトークが「炸裂っ!」という感じで、会場のボルテージも上がる一方でしたが、なかには、是非とも次回は合田先生とのトリオで会場の入り口にお立ちいただきたいとのリクエストも。
 さて、このあとの豪華景品の当たる「じゃんけん大会」では、同窓会大会の記念ラベルの付いたワインが人気の的でしたが、同窓会大会に出席された60歳到達メンバーにはお洒落な風呂敷を、80歳到達したメンバーには素敵な傘を、大会実行委員会よりそれぞれ贈呈させていただいております。
大会 大会 大会 大会

 「さて、そろそろ宴も酣となってまいりましたが」などとノタマッテいるのが司会役の第37期の仁木健嗣さん、高校時代に落研鍛え上げた話術を存分に発揮しての名調子による最後の進行で、副会長の第14期の石井啓二さんが閉会の挨拶を行ったのち、新たに副会長に就任された第24期の山本和弘さんの発声による校歌斉唱をもってお開きとなりました。
司会 松本 石井 山本



同窓会に戻る


一般財団法人國學院高等学校同窓会